ハナヨリフトン

地方の国立理系大学生が何でも書いていく雑記ブログ

MENU

美容院に行かずにセルフカットをしてみて感じたメリット3つ

おすすめ記事▼1. 【2017年】今年買った物で捗ったやつを紹介します【Amazonおすすめ】

2. 【年間3,900円】Amazonプライムサービスのコスパが高すぎるので紹介します【無料体験あり】

どうも~、セルフカット大好きな布団です。

 

今日は美容院とセルフカットについて語っていきたいと思います。

 

「イラストや 散髪」の画像検索結果

 

 

皆さんはどこで髪を切っていますか?また、髪を切る頻度はどれくらいでしょうか?

 

僕は1年前までは2か月に1回、美容院で髪を切っていました。しかし最近は自分でセルフカットをしています。

 

なぜ僕がセルフカットにしたか

美容院代一回分を3500円とします。2か月に1回美容院行くと1年間に6回ほど美容院に行くことになります。

 

つまり、1年間に美容院代が21000円もかかってしまいます。た、高い…

学生の僕にとって21000円は痛い出費です。そこで僕は決意したのです、「セルフカットにしよう」と。21000円節約だ~~、うひょひょい。

 

www.blogester21.xyz

 

セルフカットに必要なもの(メンズ)

ハサミ

 

当たり前ですが、はさみは必須です。何故ならはさみがないと髪を切ることができないからです。(当然)

 すきばさみ

 

 通常のはさみでは、髪をすくことができません。髪の量を減らすためにはすきばさみも必須だと思います。

バリカン

 

バリカンは必須ではないですね。しかし数mmの長さに揃えたいときはバリカンで刈るのが手っ取り早いです。また、最近のバリカンは坊主にするだけではなく、付属されているアタッチメントを装着することで坊主以外の髪形にすることもできるようです。
 
実際にバリカンを買ってその素晴らしさに感動した僕が書いた記事がこちら↓
 
 

セルフカットにして良かったこと

僕も実際にセルフカットをしてみて感じたセルフカットのメリットを挙げていこうと思います。
圧倒的に安い

お金の入った袋のイラスト「円マーク」

 

はじめにも言いましたが、一年の美容院代は2万円以上かかってしまいます。しかしセルフカットにすることで、初期費用として数千円ではさみ類を揃えてしまえば後はお金がかかりません。2回程セルフカットをしたら元が取れると思います。

 

好きな時に好きなところを切ることができる

例えば、前髪だけが長くてそこだけ切りたい時などもセルフカットならすぐに切ることができます。前髪のためだけに美容院に行くのもアレですよね。また、自宅でできるので時間短縮にもなります。

 

自分が好きな長さに切ることができる

「イラストや ハサミ」の画像検索結果

 

美容院でも好きな長さに切ることができるだろ!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いくら注文しても実際に髪を切るのは美容師さんです。注文した通りの長さにならないこともありますよね。

 

しかしセルフカットなら自分で切るので、自分の希望通りの長さにすることができます。これはかなり大きなメリットだと思います。

 

一方でデメリットは

もちろん、セルフカットによるデメリットもあります。デメリットもちゃんと紹介していきたいと思います。

 

希望通りの髪形にならないことがある

当然、プロではなく素人が切るのですから失敗してしまうこともあります。ですが慣れてしまえば失敗せずに簡単に切ることができます。僕もセルフカットを始めたうちは切りすぎてしまったりと失敗がありましたが、最近はササッと失敗せずに切ることができるようになりました。

 

万が一失敗してしまったら、1000円カットに行って整えてもらうのがいいかもしれません。

 

襟足を切るのが難しい

当たり前なのですが、セルフカットで襟足を切るの難しすぎ!!

もし身近に髪を切ってくれる人がいるなら、襟足だけでも切ってもらいましょう。切ってくれる人がいない場合は気合で切りましょう。ちなみに僕は慣れました。

最後に

このように、セルフカットにはメリットとデメリットがあります。髪型にそこまでこだわりがなく、散髪代を安く済ませたい方はセルフカットがおすすめです。

 

皆さんも是非セルフカットに挑戦してみてください。