ハナヨリフトン

何でも書いていく雑記ブログ

MENU

男は何故おっぱいが好きなのか真剣に考察してみた

おすすめ記事▼1. 【2017年】今年買った物で捗ったやつを紹介します【Amazonおすすめ】

2. 【年間3,900円】Amazonプライムサービスのコスパが高すぎるので紹介します【無料体験あり】

 にほんブログ村 大学生日記ブログへ

大学生ランキング にほんブログ村

どうもこんにちは、布団です!

今回はタイトルにあるように、おっぱいについて語っていこうと思います。

 

f:id:blogester21:20171020140847j:plain

 

いきなりですが、皆さんはおっぱい好きですか?もちろん僕は好きですよ。ちなみにどちらかというと巨乳が好きです。

僕は少なくとも20年以上生きていますが、「おっぱいが嫌い」という男性に出会ったことがありません。

 

「俺はおっぱいなんかに興味ないぞ」みたいな顔をして歩いている男性をたまに見かけますが、そういう人ほど実はおっぱいが大好きだったりするものです。

 

 

しかし、よく考えてみるとおっぱいというのは結局はただの脂肪の塊なのです。ではなぜ男性はおっぱいを好むんでしょうか?おっぱいの魅力を真剣に考察していきたいと思います。

 

 

僕が考えるおっぱいの魅力

おっぱいは2つもある

ベーコンエッグのイラスト

そもそも、あれを2つ合わせて「おっぱい」と呼ぶのか、または一人当たりおっぱいが2つあると考えるのか良くわかりません。どっちが正しいんだろう。

 

ググってもよくわかりませんでした。知っている方は僕に教えてください。

 

さて、本題に戻しますが女性って乳が2つありますよね。ちなみに僕は右大臣左大臣って呼んでいます。ごめんなさい冗談です、不快に思われた方がいたらお詫び申し上げます。

 

今度こそ本題に戻りますが、乳は2つあるので両手を使って1つずつ揉めるんですよね。素晴らしいと思います。もしおっぱいが一つしかなかったら、揉む側(男性)の手の数と合いません。右手で揉んだら左手が手持無沙汰になってしまいます。いやぁ、2つあってよかった、ワハハハ。

 

要するに、おっぱいは非常に合理的に設計されているということです。

 

小さい頃に皆お世話になった

授乳時の痛みのイラスト

個人的にはこれが大きいと思いますが、誰もが赤ん坊のころに母親のおっぱいを吸って育ったはずです。いわば赤ん坊は本能的におっぱいを吸うことでおっぱいから栄養を摂っているのです。

 

つまり、男性は本能的に女性のおっぱいに吸い付こうとするようにできているのだと思います。(外でやったらもちろん犯罪です)

アニマルビデオでも男優さんが女優さんのおっぱいを吸っているシーンをよく見かけます。これも台本…ではなく本能で吸っているに違いありません。

 

赤ん坊にとって貴重な栄養源であるおっぱいが嫌いなはずがありません。もはや好き嫌いではなく、なくては生きていけないものなのです。

つまり僕が何を言いたいのかというと、男性は本能的におっぱいを好んでいて、生きていくために必要なものということです。

 

おっぱいはなかなか見ることができない

水着を着た女性のイラスト

一般的に、女性が外出する際はおっぱいを露出しませんよね。つまり隠しているわけです。しかし、人間の心理的「隠されると気になる」ものです。

 

海に行ってもプールに行っても男性は上半身裸で「乳首」をさらけ出していますが、女性はさらけ出していません。(当然)

 

ネットで画像検索をするといくらでもおっぱいを拝むことができるのですが、リアルでは見る機会はネットほど多くないわけです。

簡単には見ることはできないことによっておっぱいの価値がかなり高まっているということが考えられます。

 

隠されて見えないという事実が男性のおっぱい好きを加速させたのではないでしょうか。

 

実際、見えそうで見えないのもそそられますしね。

 

もし服を着る文化がなくて男も女もおっぱい丸出しで出歩くような世の中だったら、僕はこのような記事を書くことがなかったでしょう。

 

ちなみにここまで記事を書くのに1時間ほどかかりましたが、既に虚しい気持ちになりつつあります。何やってんだ俺。

 

柔らかそう

「柔らかい」と書こうと思ったのですが、敢えて「柔らかそう」と書こうと思います。

 

前に本で「柔らかいものは、脳に快感を感じさせる効果がある」と読んだことがあります。この理論が本当だとすると、おっぱいが脳に快感を感じさせないわけがありません。揉まれる側も揉む側も快感を感じることができるなんて、最高すぎません?win-winですね。彼女がいる方はどんどん揉んだ方がいいのでは…?

 

そういえば、車で走っているときに窓から手を出すとおっぱいの感触に似ているという説がありますよね。やったことはないけどアレは本当なんだろうか。

 

最後に

 ここまで語っておいてなんですが、結局、おっぱいは理屈で語れるものではなく本能的に好きになるのではないかと思います。

 

ここで、少し話題が変わりますが、

今回はおっぱいについて熱く語りましたが、おっぱいを語ったからにはもう一つ語らなくてはならないものがあります。それはお尻です。

僕はお尻も好きですが、どちらかといえばおっぱい派です。でもそれぞれいいところがありますよね。

 

渋谷で100人の男性に聞いたわけではないので分かりませんが、日本人男性はおっぱいが好きな方が多いのではないでしょうか。

 

桃が好きな男性はお尻も好きなのかな。そして目玉焼きが好きな男性はおっぱいが好きなのかな。

また今度、お尻についての記事も書こうと思います。

 

どうでもいい話ですが、パソコンのキーボードにまだあまり慣れていないのか「おっぱい」を「おっぴあ」や「おpっぱい」と何度も書いてしまいました。正確に文字を打つ練習をしなくては…

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!よろしければこちらの記事もぜひ読んでください。↓

blogester21.hatenablog.com